Monday, February 14, 2011

st.valentine's day
















wiki より
ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止したといわれている。キリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑されたとされる。処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。

戦う相手にも愛する人がいる、お互いに愛する人がいるのに、何故、何の為に殺し合わなくてはいけないんだろう?憎しみはどこから沸いて来るんだろう?この大きな宇宙の中の小さな小さな地球に私達を放った神様は、一体何を試しているんだろう?

ヴァレンタインは、愛と平和の日なんですね。。。

こんな日は、私も個人的な欲張りをやめて、ひたすらに、愛する人の幸せを祈りたいと思います。毛皮のマリーズ聴きながら(笑)