Thursday, January 19, 2012

和菓子


今更なんですが、秋に京都に行った時に立ち寄った和菓子屋さん。

泉涌寺の坂を登っていく途中にある素朴な和菓子屋さんで、確かお餅やお赤飯なんかも売ってて、地元民に愛されてる和菓子屋という趣でした。朝早くからやっていました。

長年大事に使われ、磨き上げられているこのケースが、またまたお菓子を美味しそうに演出していますよね〜。こういうのが大好きなんです、私、本当に。

お菓子もこの札も、まったく気取ってない素朴さ。和菓子の原点ここにあり!って感じ。ちょっとこじゃれたデザイナーがちょこちょこってスタイリングしてもこうはいかない。歴史と愛情で出来上がったこんなお店、ずっとずっと存在してて欲しい。

今年もまた京都探索、たのしみだ!