Wednesday, April 2, 2014

春の憂鬱 

春は色々な生命が活気づくのというのに、
その新しい命の芽吹きに追いやられるかのようにw
中年になってからは、毎年春にグっと一段歳をとる気がする。
空気は生暖くなるのに、体の芯は冷えるし、
その冷えのせいか体が乾燥している。
肌の表面上の事だけじゃなくて、これも内面から潤いが消える感じ。

寝起きの顔は特に酷い・・・・。
おは〜の朝のはずが、おば〜な朝w

なんといってもそのくすみ顔は酷い。

皺の有無よりも、シミが一点もない肌よりも、
私が肌においてもっとも興味があるのは艶だ。

艶はやはり血行の現れだ。
隅々まで栄養が行きわてっている肌は大抵は健全にいきいきしている。

太ってる痩せてるはあんまり関係ない。
血行のよい肌はどちらにおいても綺麗だ。

濁り肌には、朝の白湯、
そしてかるい体操がおすすめ。

お化粧するより血行改善。

たるみも消えて即効マイナス3歳(当社比w)